不動産取引に関する動向を調べたい方向けのベーシック情報サイト

不動産取引の動向を知るならどこを調べるべき?

不動産の主要な動向の探り方

不動産取引は主に、開発・分譲・賃貸・仲介・管理の五つに分類可能で、開発は都市開発やマンション開発、リゾート開発などの開発事業を指し、分譲と賃貸は部屋ごとに所有権が分割された分譲用物件と共同住宅としての側面を持つ賃貸用物件の売買および賃貸をそれぞれ指し、仲介は分譲物件の売買を目的とした不動産代理業務と賃貸契約の仲介を目的とした不動産仲介業務を指していますし、管理は各種物件やスペースの管理を指しています。

不動産取引の動向を探る上での各分類の役割としては、開発情報について知ることで都市開発や再開発情報、分譲・賃貸物件の値動きから地価の値動き、仲介情報を介して分譲物件並びに賃貸物件に対するニーズと値動き、管理情報からは居住者の要望等の情報がそれぞれ収集可能で、各情報を参考にすることで情報収集時点での不動産取引の動向が窺えます。

加えて、土地の公的価格と実質価格にも違いがあるため、土地の公的価格に当たる「公示地価」と土地の実質価格に当たる「実勢価格」の把握及び比較も土地取引の動向を探る上では、必ず押さえておくべきもので、土地の売買に限れば「公示地価」と「実勢価格」さえ把握していれば大きな問題はないと言っても過言ではないほどです。

不動産取引の動向を探る上で必要な情報は目的ごとに全く異なりますので、取引の分類や土地価格の分類についても、必要に応じて情報の収集を行い、自分の欲しい情報を選りすぐりましょう。