>

きれいな歯並びを手に入れよう!歯列矯正の方法

病気の原因になるから

意外かもしれませんが、実は歯並びが悪いといろんな歯や口腔内の病気につながってしまうということがあるのです。

では、その病気とはどういったものがあるのでしょうか。
例えば、歯並びのせいで歯磨きがきちんと出来ないので、結果的に虫歯になりやすくなってしまったということがよく聞かされます。
また、歯並びが悪いというのは噛み合わせも悪いということですので、あごの関節がおかしくなったり痛んでしまうということもあります。

これらの病気になってしまうと、痛かったり辛かったりするのはもちろんですが治療もしなくてはいけなくなってしまうので、それを防ぐために歯列矯正を決意するという方も実際にはたくさんいらっしゃるというわけです。

コンプレックス

また、これは子どもさんや若い世代の人たちに多いのですが、歯並びが悪いということがコンプレックスになってしまうということも多々あるのです。

自分の歯並びを気にしてしまったり誰かにからかわれてしまったという経験から、人前で大きく口を開けて笑ったり話したりということが出来なくなってしまったなんて方も少なくはないのです。

それに、歯並びが悪かったら発音もきちんと出来なくなるなんてことも出て来たりします。

これらのことが特に幼少時や思春期に起きてしまうとそれが原因やトラウマになってしまい、結果的に引っ込み思案や内向的な性格になってしまうこともよくあります。
子どもさんが小さいときに歯列矯正を行う親御さんはこれらを心配しているという背景もあります。