>

どのような矯正方法があるのか

ワイヤーを利用する方法

歯列矯正で最もオーソドックスかつポピュラーな治療方法なのがワイヤーを歯に直接巻き付けていく方法です。
おそらく皆さんも、歯にワイヤーを巻き付けている人を一度は見かけたことがあるかもしれません。

このワイヤーを利用する方法がなぜこんなに広まっているのかと言いますと、費用も比較的安く済みますし実際に行っている人たちが多いのでそんなに変な目で見られるということが大きいのではないでしょうか。
また、クリニックによってはおしゃれにデコレーションしてくれるところもあります。

それでも見た目を変えたくないという理由で前面につけるのを避けたい方は、透明のワイヤーを付けたり歯の裏側に付けるなども可能ですので、矯正医さんとよく相談されるのをおすすめします。

マウスピースでも出来る

この他にある歯列矯正の方法では、ボクサーが試合中に歯にはめていることで有名なマウスピースを使うというパターンも存在しているのです。

ですが、その辺にあるマウスピースをそのまま付けるのではなく、その人その人に合わせたオーダーメイドのマウスピースを製作してくれますし、それにこまめに交換するので衛生的には問題ないですし、効果自体もはっきり言ってかなり高いとされています。
なによりも、ワイヤーを付けるよりも歯列矯正をしているというのが傍目にはわかりにくいというのがあります。

ただ難点なのは、マウスピースの交換や経過観察で頻繁にクリニックに行かなくてはなりませんし、ワイヤーを利用する方法よりかは高額になってしまうので、お金や時間に余裕が必要な治療方法になってしまいます。